紫外線防止にUVクリームを使用しています

UVクリームとは、紫外線を予防する機能が備わっているクリームのことです。
紫外線による肌へのダメージは、肌の弾力低下、シミの発生などの大きな原因と言われています。
日光に含まれている紫外線は、強弱の差こそあれ、年間を通じて降り注いでいます。
そのため、肌の健康や美容を保つためには、UVクリームを使用して、年間を通じて紫外線を予防することが重要です。
ところでこのクリームには、SPFやPAと言った英語、またその後に続く数字や+のマークが記載されています。
これは、そのクリームがどれくらいの強さで、あるいはどれくらいの時間、紫外線を防ぐとされているかと言うことを示しています。
ですから、これらの意味を正しく理解しておくことが必要です。

肌を温ためてケアする美容方法とは

肌を冷やすとこわばってしまい、毛穴を堅く閉ざしてしまう為、化粧品も浸透しなくなります。
まずは温めてからお手入れするようにすると、肌への浸透が違ってきます。
それには温かいお風呂などにしっかりと浸かるのが良いと言えますが、時間が無い場合などは、ホットタオルで温めたりお湯をはった洗面器に顔を近づけて蒸気をあびるだけでも効果があります。
また、後頭部をお湯に浸けるだけでリラックスし、身体が温まります。
このように、肌や身体を温めてから化粧品をたっぷり与えてあげることで、肌の透明感が増し、もちもちの柔らかい肌になることが可能です。
温めるケアが出来ない際には、こわばった筋肉を指先で優しく押しながら顔全体をマッサージしても、血行が良くなり肌艶が良くなります。
そのようなリラックスした肌の状態で真皮に栄養をたっぷり与える美容液を浸透させると更に効果があらわれます。
美容液を塗った後には水分や栄養分がじょうはつしないように、クリームでしっかりとフタをするようにしましょう。